HOME > 用語集 > な行の不動産用語
おすすめ物件情報満載!

な行の不動産用語

長押(なげし)

長押とは、柱の側面や鴨居の上部などに装飾目的で取り付けられる、台形の水平材のことです。
鴨居の上部に取り付ける、内法長押(うちのりなげし)をさすのが一般的ですが、柱の最下部に取り付ける、地覆長押(じふくなげし)、窓の下に取り付ける、腰長押、回り縁の真下につける、天井長押などがあります。

納戸(なんど)

納戸とは、収納用の部屋のことです。
押入れとは違い、人が中に入って歩き回ることができる程度の大きさを持ちますが、建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないので、居室とは認められません。
フリールーム、サービスルーム(S)、DEN、GR、STO、STRと表示されることもあります。間取図などでは頭文字をとってNと略されることもあります。

二重サッシ・ペアサッシ

二重サッシとは、1つの窓に二重にサッシを取り付けた窓のことです。
二重にすることにより、防音性と断熱性が高まります。後付けで内窓を取り付けることでも設置が可能です。

二重天井(にじゅうてんじょう)

二重天井とは、スラブから内装天井を離して仕上げる工法のことです。
主にマンションなどで、上階からの雑音を防ぐために用いられます。また、床を支えるための小梁や、換気用ダクトを二重天井の間に設置することができるので、室内空間をすっきりさせることが可能です。
スラブに直接クロスなどを貼る工法は直天井と呼ばれます。

二重床工法(にじゅうゆかこうほう)

二重床工法とは、マンションなどの遮音性を高めるために、床スラブの上に直接カーペットやフローリングを張るのではなく、間に緩衝材を入れて床板を二重にしたものです。
床スラブの上に直接フローリングを張る直床工法の場合、足音が階下に響いてしまいます。そのため、2階以上はフローリングではなく、カーペット張りにするのが一般的でした。しかし現在では、多くのマンションで二重床工法が採用されています。
二重床工法には、角材を均等に並べて床材を乗せる「根太床工法」、防振ゴム付きの支持ボルトで支える「置き床工法」、断熱材を敷いた上にモルタルなどを打って、床材を乗せる「浮床工法」などがあります。「浮床工法」が最も遮音性が高いといわれていますが、建築コストも高くなります。

ぬれ縁(ぬれえん)

雨戸の外側などに付けられた縁側のことをいいます。
風雨を防ぐ壁などがなく、雨水にぬれるためにこのように呼ばれます。室内の縁側とは異なり、壁面に対して直角方向に縁板を張るのが一般的です。
また雨水の切れがいいように縁板を簀の子状に張った簀の子縁や竹縁が使われます。

根抵当権(ねていとうけん)

不特定の債権を極度額(きょくどがく)の限度まで担保する抵当権を、根抵当権といいます。
普通の抵当権では、特定の債権(一定額の借金)が消滅する(返済される)と、抵当権も消滅してしまいます。ところが、継続的な取引(会社などが銀行から資金を借り入れたり返済したりを繰り返すことなど)の場合、そのつど、抵当権を設定したり解除したりするのでは不便です。そこで、あらかじめ借入れることができる最高額(極度額)を決めておき、その範囲で債権を担保するようにしたのが、根抵当権なのです。なお、極度額は担保評価額の110パーセントとすることが一般的です。

法面(のりめん)

法面とは、実際に宅地として使用できない斜面部分のことです。「法地」または「崖地」ともいいます。
自然の地形によるものもあれば、宅地造成などで切土や盛土などにより造られるものもあります。
山の斜面などを切り取ってできた新たな斜面のことを切土法面、土を盛ってできた新たな斜面のことを盛土法面といいます。
地盤の弱い敷地などの場合は、コンクリートの擁壁(ようへき)などで補強する必要があります。また、急傾斜地の崩壊による災害や地すべり等の危険がある場合には、擁壁の設置などが必要となります。
このようなデメリットがあるため、不動産広告では、土地面積のおよそ30パーセント以上が傾斜地(法面)の場合、または、傾斜地を含むことで土地利用が著しく阻害される場合は、傾斜地を含む旨とその面積を明示しなければならないことになっています。

ノンリコースローン

ノンリコースローン(non-recourse loans)とは、非遡及型融資といい、対象物件の事業収益または事業資産の範囲に債務履行が限定された融資のことです。
借手は、対象物件の事業以外に資産を処分してまで、債務の返済を求められることはありません。その分、金利は高くなります。
近年、銀行間でノンリコースローンの貸出し競争が過熱する傾向がありますが、事業に対する判断を誤れば、融資側も損失を被ります。事業に対する適切な判断が求められる融資です。