HOME > 用語集 > ま行の不動産用語
おすすめ物件情報満載!

ま行の不動産用語

間口(まぐち)

間口とは、敷地や建物を、主要な方向から見た時の幅のことです。
敷地や一戸建ての場合は、道路に接している側の長さをいい、マンションの場合は、バルコニーなど大きな開口部がある側の長さをいいます。「スパン」、「フロンテージ」などともいいます。
一般的に間口が広いと、使い勝手がよく、特にマンションなどでは開放感のある間取りを採用できるので、通風・採光にも優れています。間口の狭いものを「フロンテージ・セーブ型」、「うなぎの寝床型」などともいいます。

間柱(まばしら)

間柱とは、柱の間に壁の下地として立てる柱のことです。
通常の柱は建物の構造を支えるために使われますが、間柱は主に壁をつくるための補強として使われます。つまり石膏ボードやサイディングなどの壁材を固定するための下地材です。そのため間柱は壁の厚さによってサイズが変わり、主に木造や軽量鉄骨建築物に使われています。

回り縁(まわりぶち)

回り縁とは、天井と壁の接する部分に取付けられる部材のことです。天井回り縁ともいいます。
座敷の格式を高めるために2段にしたものを、二重回り縁といい、天井や壁合板の裏側に納めて表面から見えなくしたものを、隠し回り縁といいます。

みなし道路・二項道路(みなしどうろ・にこうどうろ)

みなし道路とは、建築基準法42条2項によって「道路とみなされたもの」をいいます。2項道路とも呼ばれています。
1950年11月23日以前から建物が立ち並んでいる幅員4メートル未満の道で、特定行政庁が指定したものは建築基準法上の道路とみなされます。この場合、道路の中心線から2メートル下がった線が道路の境界線とみなされ、敷地の一部が道路部分とみなされます(いわゆるセットバック部分)。
みなし道路に指定されることで、幅員4メートル未満の道路にのみ接している土地であっても建物を建てることが可能になります。

棟上げ(むねあげ)

柱や梁など建物の基本構造が完成し、棟木を上げる際に行われる儀式で、建前や棟上げともいわれます。
土地や建物の守護神と匠の神を祭って、これまでの工事の無事に感謝し、建物が無事に完成することを祈願するものです。
式の進行は地域によって異なりますが、一般的に棟木に幣束を立てて破魔矢を飾り、建物の四方に酒、塩、米をまいてお清めをします。職人の儀式という意味合いもあるため、神主の代わりに棟梁が取り仕切る場合も多くあります。式の後にはお祝いの小宴会が催され、お酒を振る舞うのが一般的です。
鉄筋コンクリート造のビルなどでも、主な構造ができあがったときに行われます。

メーターモジュール

設計する際の基本寸法を、1メートルとして、建物を建てることです。
日本の一般的住宅では従来、3尺(約90センチメートル)を基本とした尺モジュールが使われていました。しかし、最近ではバリアフリーへの対応などから1メートルを基本寸法としたメーターモジュールを採用する住宅が増えています。廊下や階段の幅など、尺モジュールに比べて広く取れるので、車椅子なども通りやすくなります。

目透かし天井(めすかしてんじょう)

目透かし天井とは、和室の天井の仕上げ方の一種で、天井板をぴったり継ぎ合わさないで、板と板の継ぎ目にすき間をあけて張る方法のことをいいます。 打ち上げ天井とも呼ばれます。
一般住戸の和室の天井の仕上げ方としては、目透かし天井や、天井板の下に細い木を平行に並べた竿縁天井がよく使われます。

免震構造(めんしんこうぞう)

免震構造とは、地震による建物の揺れや破壊を防ぐため、地震の力が直接建物に伝わらないよう工夫された構造のことです。
基礎部分と建物の間に、水平に柔らかく動くバネの原理で、地震の揺れを建物に伝えにくくする積層ゴムや、振動エネルギーを吸収する(制震ともいいます)ダンパー(振れ止め)などの装置を入れることで、地震時に建物にかかる水平力を、在来構造に比べて5分の1~3分の1にまで低減することができます。
地震による建物の被害が最も少ないといわれています。しかし、揺れがすくないのではなく、ゆっくり、大きく揺れることで、建物や人に対する被害が小さくなるのです。
高さ60メートルを超えるタワーマンションなどでは、制震構造が中心ですが、上階がゆっくりした揺れになるのに対して、下の階が揺れが強くなる傾向があります。
最近のマンションには、耐震・免震性能を重視したものが増えています。長期に渡って安心して暮らせることを考えると、耐震・免震マンションは長期コストが割安になるともいえます。

盛土(もりど)

盛土とは、斜面や低地を造成する際に、土を盛って平らな敷地を造成することをいいます。
宅地造成の際には、土地を削って造成する「切土」(きりど)と土を盛って造成する「盛土」、その両方を同時に行う造成方法があります。一定規模の宅地造成では、切土で出た土を盛土に使うことが多いようです。
その際、盛土部分は十分な締め固めが行われないことが多く、盛土部分の地盤が軟弱であったり、地盤強度に差が生じて不同沈下しやすくなります。
また、田畑などに盛土して道路面にあわせる宅地造成もあります。この場合も盛土には強度はなく、地盤補強工事などの対策が必要です。

門扉(もんぴ)

門扉とは、門の扉であり、外に向かっての「家屋敷の顔」です。
門扉からアプローチ、玄関ポーチ、そして玄関へと続くエクステリアは、訪問者に住まいの第一印象を与える所です。その中でも門扉はいわば「住宅の顔」に相当するところで、最初に訪問者を迎えたり、場合によっては拒否します。